脱ナショナルなコミュニティー「アジア学生会議」

 

「アジア学生会議」は過去14年間にわたり東京・ソウル・北京・台湾の大学間を遠隔システムで結んだオンライン対面型の異文化実践授業です。グローバル化で再編成された脱ナショナルなアジアンコミュニティーをカリキュラム上で擬似的に創出することに成功しています(全「討論テーマ一覧」参照)。本学生会議では一貫して中国語・韓国語・日本語など東アジアの最大接触言語でありながら、大学講義やキャンパスで活かされる機会の少ない複数言語を使用し、協調的コミュニケーションと自律的学習者を育みます。多言語、多地域、多機関間で学部レベルの国際共同授業を実施することで、将来にわたり日本がアジア諸国と友好的な地域関係を維持するため、持続的対話の場を拡げることが必要です。教育の大衆化段階に到達したアジア各地に居住する潜在的異文化理解者との対話と相互信頼を積み重ね、外交や軍事に次ぐ文化的安全保障の基盤とすることが目標です。

砂岡和子@早稲田大学政治経済学術院 2012年11月14日