早稲田大学 大学院商学研究科(MBA):夜間・土曜日コース

 
モジュール「経営戦略とIT」(内容紹介)


責任者:根来龍之 教授、井上達彦 助教授


1.目的
 このモジュールでは、情報技術(IT)が経営戦略に与える影響について研究を進める。現実世界で行っていることを説明するだけでなく、実務への行動指針を示唆できる研究をめざす。モジュール全体を貫く考え方は、理論研究と現実(事例)研究の両立である。「理論なき現実研究は流行への追随、現実研究なき理論は空虚」というのが、このモジュールの基本精神である。ハウツーをめざすのでもなく、抽象論をめざすのでもない参加者を求める。

2.内容
 本モジュールに設置される科目は、戦略的視点でITの経営活用について考える科目が中心になるが、それ以外にもマーケティング的視点、組織論的視点、技術およびシステム開発的視点も、織り込んでいく予定である。
 授業の方式としても、講義形式だけでなく、ケースメソッドや事例調査型などを取り入れる。また、参加者のフロンティア的関心に応えるために、第一線の研究者やコンサルタントが交代で登壇する、「オムニバス形式」の科目も設置する。
 修士論文等のテーマ設定は、アカデミックな研究だけでなく、参加者自身の事業の長期計画を作成したり、自分が関わるIT関連プロジェクトに関する分析をテーマにしてもよい。ただし、アカデミックな研究でない場合も、系統的な手法・方法論を前提とした分析、また一般化された考察が求められる。
 修士論文のテーマを例示すると以下のようなものが考えられる。ただし、これは、まったくの例にすぎないので、ITと経営という二つのキーワードに関連するものであれば、以下の例にこだわる必要はない。
 IT活用のビジネスモデル研究、ネット戦略の差別化、顧客戦略とIT、ERP導入の成功法則、電子調達の効果と影響、IT時代の企業間関係の変化、ITマーケティングの実証研究、組織変革に与えるナレッジマネジメントシステムの影響、産業のモジュール化とアウトソーシングビジネス、IT時代の金融ビジネス 他

3.対象とする学生
 ITの技術的知識がある必要はない。また、IT関連プロジェクト等での経験も必ずしも要求しない。現在、経営スタッフ的立場でIT活用に関わる仕事をされている方と同時に、今後、経営的スタッフ立場でIT活用に関わる仕事をすることを目指す人も対象とする。


<モジュール設置科目(予定)>

設置予定科目 講師(予定)
ITと経営戦略 内田 和成(ボストンコンサルティンググループ日本代表) 、太田 直樹(ボストンコンサルティンググループ日本ヴァイスプレジンデイト)、國領 二郎 (慶應義塾大学教授)、根来 龍之 (本学教授)
ビジネスモデル研究 根来 龍之(本学教授)
企業間関係とIT 丹澤 安治(中央大学教授) 、竹田 陽子(横浜国立大学助教授) 、山田 耕嗣(専修大学助教授)、井上 達彦(本学助教授)
顧客主導経営とIT 中西 晶(都立科学技術大学助教授)、森田 正隆(立正大学専任講師)
産業経済とIT 安部 忠彦(富士通総研主席研究員)、浜屋 敏(富士通総研主任研究員)
ITマネジメント 奥井 規晶(本学客員教授、ベリングポイント株式会社 代表取締役)

 (注:モジュール設置科目は、原則として隔年開講となります。)

→コア科目一覧、全モジュール設置科目一覧(他モジュール科目も履修できます)

2004年度は、以下の科目も履修可能です。夜間開講。(03年入学のプロジェクトコース用科目)
情報ネットワーク研究 高橋敬隆(本学助教授)
ITコンサルティング 奥井 規晶(本学客員教授、ベリングポイント株式会社 代表取締役)


<経営戦略とIT>モジュール紹介

<経営戦略とIT>モジュール講師紹介

<経営戦略とIT>モジュール授業概要

<経営戦略とIT>Q&A

プロフェショナルコース紹介


【お問い合わせ先:早稲田大学大学院商学研究科

: 03-3202-4369 FAX.03-5273-4371
e-mail:[email protected]