早稲田大学政治経済学部(2010年度)西郷担当講義

 

講義の記録を目的としたページです。見栄えはよくありませんので、悪しからず。

 

(作成:西郷浩;掲示開始:201044日;最終更新:2011119日)

 

ジャンプ:統計学入門 01(春学期)02(秋学期) 統計学 01(春学期)総合基礎演習α(春学期); 寄附講座(金融市場の変化と金融機関)(秋学期)Introduction to Statistics (Fall Semester)

 

統計学入門 01(春学期)02(秋学期)

l         オンデマンド講義

l         PC室における教員アワー(「統計学入門」についての質問に対応するため西郷がPC室にいる曜日・時限)
春学期:土14-307(ただし、予告なくキャンセルされる可能性あり)
秋学期:土14-307(ただし、予告なくキャンセルされる可能性あり)

l         教科書:東京大学教養学部統計学教室編(1991)『統計学入門』東京大学出版会

Ø         範囲:第1章から第3

Ø         講義スライドあり

l         内容:記述統計学の基礎(1次元データの要約、2次元データの要約)

l         評価:小テスト+期末試験

l         出席確認:あり

l         講義記録:01(春学期)

1.        412日の週):「統計学入門」の進め方、「統計学入門」で学ぶこと、MS Excelの基礎

2.        419日の週):度数分布とヒストグラム、PC実習

3.        426日の週):代表値、散らばりの尺度、PC実習

4.        53日の週):ローレンツ曲線、ジニ係数、PC実習

5.        510日の週):度数分布表からの近似計算(算術平均など)、PC実習

6.        517日の週):散布図、共分散、相関係数、分割表、関連係数、PC実習

7.        524日の週):回帰直線、最小二乗法、決定係数、残差プロット、PC実習

8.        531日の週):回帰分析の発展(多重回帰分析、変数変換)、PC実習

9.        6 7日の週):価格指数・数量指数、PC実習

10.    614日の週):消費者物価指数と鉱工業指数、PC実習

11.    621日の週):需要分析、PC実習

12.    628日の週):人口統計

13.    7 5日の週):就業統計

14.    711日の週):景気に関する統計

15.    719日の週):統計を使ったレポートの構成、今後の学習のために、期末試験について

16.    春学期試験:日時・場所未定

Ø         「学生による授業評価」にご協力を。Waseda net ポータルからweb上でご回答願います。

l         講義記録:02(秋学期)

1.        927日の週):「統計学入門」の進め方、「統計学入門」で学ぶこと、MS Excelの基礎

1.        10 4日の週):度数分布とヒストグラム、PC実習

2.        1011日の週):代表値、散らばりの尺度、PC実習

3.        1018日の週):ローレンツ曲線、ジニ係数、PC実習

4.        1025の週)度数分布表からの近似計算(算術平均など)、PC実習

5.        11 1日の週):散布図、共分散、相関係数、分割表、関連係数、PC実習

6.        11 8日の週):回帰直線、最小二乗法、決定係数、残差プロット、PC実習

7.        1115日の週):回帰分析の発展(多重回帰分析、変数変換)、PC実習

8.        1122日の週):価格指数・数量指数、PC実習

9.        1129日の週):消費者物価指数と鉱工業指数、PC実習

10.    12 6日の週):需要分析、PC実習

11.    1213日の週):人口統計

12.    1220日の週):就業統計

13.    117日の週):景気に関する統計

14.    1月24日の週):統計を使ったレポートの構成、今後の学習のために、期末試験について

15.    秋学期試験:日時・場所未定

Ø         学生による授業評価にご協力を。Waseda net ポータルからweb上でご回答願います。

 

統計学 01(春学期)

l         曜日・時限・教室:火17-321&金17-321

l         教科書:東京大学教養学部統計学教室編(1991)『統計学入門』東京大学出版会

Ø         範囲:第4章から第13

Ø         講義スライドあり

l         内容:推測統計学の基礎

l         評価:中間試験(オンライン)・期末試験

l         出席確認:あり

l         講義記録:

1.        46日:講義の進め方(出席のあつかいなど)、「統計学」の全体像、確率の定義(主観確率まで)

¨         クイズ:記述統計学と推測統計学

2.        49日:公理にもとづく確率の定義、加法法則、事象の排反、条件つき確率

¨         クイズ:事象の背反、加法法則

3.        413日:条件つき確率、事象の(統計的)独立性、3つのコインの問題

¨         クイズ:乗法法則

4.        416日:Bayesの定理、Bayesの定理の応用、確率変数(標本空間上の関数という見方)

¨         クイズ:ベイズの定理

5.        420日:確率変数、離散型確率変数の確率関数、分布関数、連続型確率変数の分布関数

¨         クイズ:離散型確率変数の確率関数の定義

6.        423日:連続型確率変数の確率密度関数、累積分布関数と確率密度関数との関係、確率変数の期待値・分散

¨         クイズ:連続型一様分布U(0, 1) の確率密度関数の形状

7.        427日:累積分布関数と確率密度関数との関係(訂正)、確率変数の一次変換、E(Y) = a + b E(X)

¨         クイズ:一次変換前後の期待値どうしの関係

8.        5 7日:V(Y) = b2 V(X)、確率変数の標準化、二項分布

¨         クイズ:確率変数の標準化

9.        511日:二項分布(続き)、Xxの使い分けの説明、Poisson 分布

¨         クイズ:二項分布の確率関数

10.    514日:正規分布、正規分布表の使い方

¨         クイズ:期待値μ、分散σ2 の正規分布の表記法

11.    518日:正規分布の使い方(続き)、多次元の確率分布、同時確率分布・条件つき確率分布・周辺確率分布、確率変数の独立性

¨         クイズ:確率変数の独立性の定義

12.    521日:Y = X1 + X2の確率分布とそれにもとづくE(Y)V(Y)の計算、E(Y)= E(X1) + E(X2)V(Y)= V(X1) + V(X2) + 2 Cov(X1, X2)の導出

¨         クイズ:V(Y)=?

13.    525日:Cov(X1, X2)の意味(とくに符号)、相関係数、独立同一分布にしたがう確率変数の和・平均の期待値と分散

¨         クイズ:相関係数の定義式

14.    528日:確率変数の平均の分散(つづき)、大数の法則、中心極限定理、中心極限定理の応用(二項分布の正規近似)

¨         クイズ:大数の法則、中心極限定理

15.    6 1日:二項分布の正規近似(つづき。連続量補正)、標本抽出(母集団と標本、母数と統計量、無作為標本抽出、統計量の標本分布)

¨         クイズ:母数と統計量

¨         中間試験(コース[email protected]で受験する。受験期間:20106110:30AM--61423:59

16.    6 4日:統計量の標本分布(続き)

¨         クイズ:統計量の標本分布

17.    6 8日:正規母集団からの標本(χ2分布、t分布、F分布、標本平均と標本分散の独立性)

¨         クイズ:χ2分布

18.    611日:統計的推測(推定、検定、回帰モデル)、点推定と区間推定、点推定論(不偏性、一致性)

¨         クイズ:不偏性の定義

19.    615日:点推定論(つづき、漸近正規性、有効性)、積率法と最尤法、区間推定の考え方

¨         クイズ:最尤法

20.    618日:区間推定の考え方(つづき、母分散σ2を推定値s2で置き換える)、一般の母集団における母平均の区間推定(正規近似)、正規母集団における母平均の推定

¨         クイズ:正規母集団における母平均の推定

21.    622日:例(第12回スライド)、母集団比率の区間推定

¨         クイズ:母集団比率の区間推定

22.    625日:統計的仮説検定の考え方、第1種の過誤と第2種の過誤、最適な検定方式

¨         クイズ:第1種の過誤について述べよ。

23.    629日:右側検定(仮説の発展)

¨         クイズ:単純仮説と複合仮説

24.    7 2日:右側検定(母分散未知の場合もふくむ)、左側検定、両側検定、母比率の検定(基本的な考え方)

¨         クイズ:右側検定と両側検定の仮説設定の相違

25.    7 6日:母比率の検定、母平均の差の検定(大標本の場合)

¨         クイズ:二標本問題とは

26.    79日:母平均の差の検定(小標本の場合)、母比率の差の検定

¨         クイズ:無作為割付とは

27.    713日:回帰モデルの仕組み

¨         クイズ:回帰のモデルの数式による表現

28.    716日:回帰モデルにおける推定・検定

¨         クイズ:誤差と残差の相違

29.    720日:回帰モデルにおける推定・検定(つづき)、適合度検定

¨         クイズ:なし

30.    723日:期末テスト、まとめ

Ø         「学生による授業評価」にご協力を。Waseda net ポータルからweb上でご回答願います。

 

 

総合基礎演習α(春学期

l         曜日・時限・教室:水11-311

l         教科書

Ø         [1] 木下 是雄(1981)『理科系の作文技術』中央公論社(中公新書624

Ø         [2] 阿部 (2008)『子どもの貧困』岩波書店(岩波新書1157

l         内容:大学における研究のための技術習得

Ø         情報の検索、文献の読み方、レポートの書き方、発表の仕方、など

l         評価:ゼミにおける参加状況+発表+レポート

l         出席確認:あり

l         講義記録:

1.        4 7日:自己紹介、総合基礎演習で目指すもの、今後の予定

2.        414日:図書館の利用方法@中央図書館AVホール(要学生証)

3.        421日:小論文の構成(introduction, thesis statement, body paragraphs, topic sentence, supporting facts, transition, conclusion

4.        428日:教科書[1] 輪読(仮テーマの設定、小論文の構成への当てはめ、thesis statement, topic sentences の試案)

5.        512日:教科書[1] 輪読(読みやすいsentenceの書き方、意見と事実の区別)

6.        519日:身近な題材による小論文の提出、(小)論文の読解練習

ü         使用文献:Hesketh, T.「男性過剰の中国:その原因と影響」(門間 麻紀 訳)『統計』(日本統計協会)第61巻第5号(201051日)76-83ページ。

7.        526日:身近な題材による小論文の批評(1)

8.        6 2日:身近な題材による小論文の批評(2)

9.        69日:図書館の活用方法@PC室(4-307

10.    616日:身近な題材による小論文の批評(3)

11.    623日:教科書[2]の発表:第1 貧困世帯に育つということ

12.    630日:教科書[2]の発表:第2 子どもの貧困を測る、第3 だれのための政策か

13.    7 7日:教科書[2]の発表:第4 追いつめられる母子世帯の子ども、第5 学歴社会と子どもの貧困

ü         レポート:

@       内容:教科書[2] から各自の関心によってひとつのテーマを選び、教科書[1]から学んだ文章作成の方法を意識してレポートを作成せよ。

A       提出期限:2010721日(水)講義開始時

B       書式:A4用紙(5ページ程度)

C       注意:1ページ目に、作成年月日・タイトル・ゼミ生番号・指名を記入すること。

14.    714日:教科書[2]の発表:第6 子どもにとっての「必需品」を考える、第7 「子ども対策」に向けて

15.    721日:レポート提出、レポートの内容紹介、まとめ

 

 

寄附講座(金融市場の変化と金融機関)(秋学期)世話人

l         曜日・時限・教室:火48-B101

l         教科書:なし(資料配布)

l         内容:金融市場における金融機関の役割

l         講義記録:

1.        928日:昨今の金融情勢

2.        105日:金融機関総論(BSからみる資金需要)

3.        1012日:伝統的な間接金融(都銀・政府系・地方金融機関のそれぞれの役割)

4.        1019日:金融における事業調査

5.        1026日:プロジェクトファイナンス

6.        112日:シンジケートローン

7.        119日:資産流動化

8.        1116日:PFI

9.        1130日:信託手法ビジネス

10.    127日:プライベートエクイティ(おもにMBO

11.    1214日:個人ビジネス戦略(預かり資産の多様化、店舗提携戦略)

12.    1221日:富裕層ビジネス

13.    111日:統計から見た金融市場と金融機関

14.    118日:これからの金融

15.    125日:理解度の確認

 

 

Introduction to Statistics (Fall Semester)

l         Time and Location: Wednesday 9:00-10:30, 8-310(Sept. 29-Nov.24, Jan. 19-Jan. 26), 3-401(December 1-January 12)

l         Textbook: Freedman, D., Pisani, R., and Purves, R. (2007), Statistics, fourth edition, Norton (International Student Edition)

l         Schedule:

1.        September 29, 2010: The basic rules, Descriptive statistics and statistical inference, univariate and bivariate (multivariate) data, and the histogram.

2.        October 6, 2010: Construction of classes (class intervals)

3.        October 13, 2010: The average and the standard deviation.

Ø       Assignment 1: Review exercise 10 on pp. 53-54. Due date: October 27, 2010.

4.        October 20, 2010: The normal curve

5.        October 27, 2010: Review on Assignment 1, change of scale

6.        November 10, 2010: Measurement error, correlation

7.        November 17, 2010: More about correlation, regression

Ø       Assignment 2: Review exercise 12, on pp. 138-139. Due date: December 1, 2010.

8.        November 24, 2010: The R.M.S. error for regression, the regression line (the method of least squares)

9.        December 1, 2010: Using R for regression analysis.

10.    December 8, 2010: Review on Assignment 2, Using R for drawing a histogram.

11.    December 15, 2010: Using R for drawing a scatter diagram

12.    December 22, 2010: Using R for transforming data to fit a regression line

13.    January 12, 2010: Using R for estimating demand for beef

14.    January 19, 2010: Review on the course contents

15.    January 26, 2010: Final exam and study guide for the future

以上