早稲田大学政治経済学部(2011年度)西郷担当講義

 

講義の記録を目的としたページです。見栄えはよくありませんので、悪しからず。

 

(作成:西郷浩;掲示開始:201141日;最終更新:201226日)

 

ジャンプ:統計学入門(事前教育)統計学入門 01(春学期)02(秋学期)統計学 01(春学期)総合基礎演習α(春学期)Introduction to Statistics (Fall Semester)Statistics

 

統計学入門(事前教育)

l         形式:オンデマンド講義(無単位)

l         目的:「統計学入門0102」の内容を講義開始前に配信し、正規履修に役立てる。

l         内容:1次元データの要約(「統計学入門0102」の第1回から第5回まで)

l         期間:201141—55日(講義開始前日まで)

 

統計学入門 01(春学期)02(秋学期)

l         形式:オンデマンド講義

l         教科書:東京大学教養学部統計学教室編(1991)『統計学入門』東京大学出版会

Ø         範囲:第1章から第3

Ø         講義スライドあり

l         内容:記述統計学の基礎(1次元データの要約、2次元データの要約)

l         評価:小テスト+期末試験

l         出席確認:あり

l         講義記録:01(春学期)

1.        56—630):「統計学入門」の進め方、「統計学入門」で学ぶこと、MS Excelの基礎

2.        56—630日):度数分布とヒストグラム、PC実習

3.        56—630日):代表値、散らばりの尺度、PC実習

4.        56—630日):ローレンツ曲線、ジニ係数、PC実習

5.        56—630日):度数分布表からの近似計算(算術平均など)、PC実習

6.        56—630日):散布図、共分散、相関係数、分割表、関連係数、PC実習

7.        56—630日):回帰直線、最小二乗法、決定係数、残差プロット、PC実習

8.        56—630日):回帰分析の発展(多重回帰分析、変数変換)、PC実習

9.        56—630日):価格指数・数量指数、PC実習

10.    620日の週):消費者物価指数と鉱工業指数、PC実習

11.    627日の週):需要分析、PC実習

12.    74日の週):人口統計

13.    711日の週):就業統計

14.    718日の週):景気に関する統計

15.    725日の週):統計を使ったレポートの構成、今後の学習のために、期末試験について

16.    春学期試験:日時・場所未定

Ø         「学生による授業評価」にご協力を。Waseda net ポータルからweb上でご回答願います。

l         講義記録:02(秋学期)

1.        928日の週):「統計学入門」の進め方、「統計学入門」で学ぶこと、MS Excelの基礎

2.        103日の週):度数分布とヒストグラム、PC実習

3.        1010日の週):代表値、散らばりの尺度、PC実習

4.        1017日の週):ローレンツ曲線、ジニ係数、PC実習

5.        1024の週)度数分布表からの近似計算(算術平均など)、PC実習

6.        1031日の週):散布図、共分散、相関係数、分割表、関連係数、PC実習

7.        117日の週):回帰直線、最小二乗法、決定係数、残差プロット、PC実習

8.        1114日の週):回帰分析の発展(多重回帰分析、変数変換)、PC実習

9.        1121日の週):価格指数・数量指数、PC実習

10.    1128日の週):消費者物価指数と鉱工業指数、PC実習

11.    125日の週):需要分析、PC実習

12.    1212日の週):人口統計

13.    1219日の週):就業統計

14.    19日の週):景気に関する統計

15.    (1月16日の週):統計を使ったレポートの構成、今後の学習のために、期末試験について

16.    秋学期試験:日時・場所未定

Ø         学生による授業評価にご協力を。Waseda net ポータルからweb上でご回答願います。

 

統計学 01(春学期)

l         形式:教室講義

l         曜日・時限・教室:火1&金17-218

l         教科書:東京大学教養学部統計学教室編(1991)『統計学入門』東京大学出版会

Ø         範囲:第4章から第13

Ø         講義スライドあり

l         内容:推測統計学の基礎

l         評価:小テスト(オンライン)・期末試験

l         出席確認:あり

l         講義記録:

1.        56日:講義の進め方(出席のあつかいなど)、「統計学」の全体像、統計検定(資格試験)の説明、確率の定義

2.        510日:加法定理、条件付確率、統計的独立、乗法定理、Bayesの定理

3.        513日:確率変数(離散型・連続型)、確率分布(確率関数・密度関数、分布関数)、期待値、確率変数の関数の期待値

4.        517日:分散、標準偏差、Y = a + bX の期待値・分散、確率変数の標準化

5.        520日:2項分布(ベルヌーイ試行、樹形図、2項分布の確率変数、期待値・分散(結果のみ))、ベルヌーイ確率変数による分解

6.        524日:2項分布の使い方、Poisson分布、正規分布(形状と標準正規分布表)

¨         小テスト1:525日から2週間@Course [email protected]、第4 確率(第2回スライド)

7.        527日:標準正規分布表の使い方、正規分布を使った問題、二項分布を使った問題(Bayesの定理の活用)

8.        531日:正規分布を使った問題、多次元の確率分布(同時分布、周辺分布、期待値、共分散)

9.        63日:共分散(つづき)、相関係数、V(X+Y)=V(X) + 2Cov(X, Y)+ V(Y)

10.    67日:条件付分布、確率変数の独立性、独立な確率変数の和・平均の期待値・分散

11.    610日:母集団と標本、標本抽出、母数と統計量、統計量の標本分布(補足スライド)

12.    614日:統計量の標本分布(復習)、点推定・区間推定

¨         小テスト2614日から2週間@Course [email protected]、第6 確率分布

13.    617日:点推定量に望まれる性質、モーメント法、最尤法

14.    621日:母平均の区間推定(正規母集団からの無作為標本で分散が既知・未知の場合、正規分布でない母集団からの無作為標本)

15.    624日:母比率の区間推定(二項母集団の成功確率の区間推定、有限母集団における属性比率の区間推定)、正規母集団からの標本抽出(χ2分布、t分布)

16.    6 28日:仮説検定の考え方、2種類の過誤、棄却域の決定、右側検定

17.    71日:母平均の右側検定、左側検定、両側検定

18.    75日:母比率に関する検定、H0が棄却できないことに意味、母平均の差の検定(大標本)、母比率の差の検定

¨         小テスト3719日まで@Course [email protected] 11 推定

19.    78日:母平均の差の検定(小標本)、p-value

20.    712日:母分散の比の検定、適合度検定、質的要因の独立性の検定

21.    715日:回帰モデルの仕組み、誤差項の性質、最小二乗法

22.    719日:回帰係数(傾き)の推定量の標本分布

23.    722日:回帰係数の推定・検定、重回帰分析

¨         小テスト4731まで@Course [email protected] 12 検定

24.    726日:重回帰分析、最小二乗推定量の標本分布、複数の回帰係数の検定

25.    729日:回帰分析の実際、統計検定について、期末試験について

26.    82日:期末試験、まとめ

Ø         「学生による授業評価」にご協力を。Waseda net ポータルからweb上でご回答願います。

 

 

総合基礎演習α(春学期

l         形式:教室演習

l         曜日・時限・教室:水11-311

l         教科書

Ø         [1] 木下 是雄(1981)『理科系の作文技術』中央公論社(中公新書624

Ø         [2] 橘木 俊詔(2010)『日本の教育格差』岩波書店(岩波新書1258

l         内容:大学における研究のための技術習得

Ø         情報の検索、文献の読み方、レポートの書き方、発表の仕方、など

l         評価:ゼミにおける参加状況+発表+レポート

l         出席確認:あり

l         講義記録:

1.        511日:自己紹介、総合基礎演習で目指すもの、今後の予定、小論文の構成(introduction, thesis statement, body paragraphs, topic sentence, supporting facts, transition, conclusion)、練習

2.        518日:図書館リテラシー1(図書館の利用方法)@中央図書館AVホール

3.        525日:自己紹介、総合基礎演習で目指すもの、今後の予定、小論文の構成(introduction, thesis statement, body paragraphs, topic sentence, supporting facts, transition, conclusion)(第1回目は名簿が確定していなかったため再論)、Lipsey, et al (1990) の文章の構成の確認

ü         Lipsey, R. G., et al., (1990), Microeconomics, 9th ed., p. xi, Harper and Row

4.        61日:教科書[1] 輪読(仮テーマの設定、小論文の構成への当てはめ、thesis statement, topic sentences の試案)教科書[1] 1章から第4章まで

5.        68日:教科書[1] 輪読(読みやすいsentenceの書き方、意見と事実の区別)教科書[1] 5章から第7章まで(ほんとは第8章まで)

6.        615日:教科書[2] 割り当て配付、身近な題材による小論文の提出、身近な題材による小論文の批評(1)

7.        622日:身近な題材による小論文の批評(2)

8.        629日:身近な題材による小論文の批評(3) 、証拠の強さを利用した説得

9.        76日:図書館リテラシー2(情報検索機能の活用方法)@4-307

10.    713日:教科書[2]の発表:第1 学歴社会の実相

11.    720日:教科書[2]の発表:第2 家庭環境の影響力をどう見るか、第3 学校教育の進展と新たな格差

12.    727日:教科書[2]の発表:第4 不平等化する日本の教育、第5 教育の役割を問う

13.    83日:教科書[2]の発表:終章 教育格差をどうするか

ü         レポート:

@       内容:教科書[2] から各自の関心によってひとつのテーマを選び、教科書[1]から学んだ文章作成の方法を意識してレポートを作成せよ。

A       提出期限:201183日(水)講義開始時

B       書式:A4用紙(5ページ程度)

C       注意:1ページ目に、作成年月日・タイトル・ゼミ生番号・指名を記入すること。

 

 

Introduction to Statistics (Fall Semester)

l         Time and Location: Friday 14:45-16:[email protected]

l         Textbook: Freedman, D., Pisani, R., and Purves, R. (2007), Statistics, fourth edition, Norton (International Student Edition)

l         Schedule:

1.        September 30, 2011: The basic rules, Descriptive statistics and statistical inference, univariate and bivariate (multivariate) data, and the histogram.

2.        October 7, 2011: October 7, 2011: Controlling variables, age distribution for selected countries, the average

3.        October 14, 2011: The average and the standard deviation, change of scale, Assignment 1 (posted on Course [email protected]).

October 21, 2011: Cancelled.

4.        October 28, 2011: the normal approximation, change of scale

5.        November 11, 2011: Measurement error, Assignment 2 (posted on Course [email protected])

November 18, 2011: Cancelled.

6.        November 25, 2011: Correlation, more about correlation.

7.        December 2, 2011: The R.M.S. error for regression, the regression line (the method of least squares)

8.        December 9, 2011: The method of least squares, data transformation (log)

December 16, 2011: Cancelled.

9.        January 6, 2012: Review on simple regression, multiple regression

10.    January 13, 2012: Demand analysis

11.    January 20, 2012: Review on descriptive statistics

12.    January 27, 2012: The final exam and review

 

 

Statistics (Fall Semester)

l         Time and Location: Tuesday 9:00-10:[email protected] and Friday 9:00-10:[email protected]

l         Textbook: Freedman, D., Pisani, R., and Purves, R. (2007), Statistics, fourth edition, Norton (International Student Edition)

l         Schedule:

1.        September 27, 2011: The basic rules, probability, conditional probabilities, the multiplication rule, the birthday problem

2.        September 30, 2011: Independence, mutually exclusive events, the addition rule

3.        October 4, 2011: FAQ’s, Bayes’ theorem

4.        October 7, 2011: The binomial distribution, the binomial theorem

5.        October 11, 2011: An exercise that requires Bayes’ theorem and the binomial distribution, the law of large numbers (the law of average)

6.        October 14, 2011: The box model (sum = expected value + chance error), expected value = n*the average of box, SD of chance error = sqrt(n)*SD of box

7.        October 18, 2011: The normal approximation for the chance error

Ø         Assignment 1, Due date: October 28, 2011. Where to submit: Classroom (1-303)

8.        October 21, 2011: The normal approximation

9.        October 25, 2011: The normal approximation

10.    October 28, 2011: Submission of Assignment 1, sample surveys

11.    November 1, 2011: Chance errors in sample surveys, the accuracy of the sample percentage

Ø         Assignment 2, Due date: November 11, 2011; Where to submit: Classroom (1-303)

12.    November 8, 2011: The accuracy of the sample average, comments on Assignment 1.

13.    November 11, 2011: Submission of Assignment 2, the accuracy of the sample average, comments on Assignment 2.

November 15, 2011: Canceled

14.    November 18, 2011: the midterm exam

15.    November 18, 2011, 10:40-12:[email protected] (Makeup of November 15, 2011): Review of the midterm

16.    November 22, 2011: Chance models for measurement error, chance models for genetics

17.    November 25, 2011: Tests of significance, the basic idea, the standard procedure, and t-test

18.    November 29, 2011: Comparison of the z-test and t-test.

19.    December 2, 2011: Review exercises 3, 4 on p. 496.

20.    December 6, 2011: Review exercises 5, 6 on p. 496.

21.    December 9, 2011: More on tests of significance (tests for a difference)

22.    December 13, 2011: Tests for a difference for randomized experimental data, The chi-square test

23.    December 16, 2011: The chi-square tests for two way tables (tests for independence)

24.    December 20, 2011: The chi-square tests for independence, a review on tests of significance

Ø         Assignment 3, Due date: January 13, 2011; Where to submit: Classroom (1-303)

25.    January 6, 2012: A closer look at tests of siginificance

26.    January 13, 2012: A review on Assignment 3.

27.    January 17, 2012: A review on Assignment 3 (continued).

28.    January 20, 2012: Random variables, examples of discrete random variables (the Bernoulli, the Binomial)

29.    January 24, 2012: Expectation and Variance of the Binomial random variable (E and V of sum)

30.    January 27, 2012: The final exam and review

 

以上