本文へスキップ

早稲田大学大学院社会科学研究科・社会科学部 早田宰研究室
 

早稲田大学早田宰研究室

Current Researchtopics


Sustainable human settlement is our main interest. Mankind is social animals, and in ancient times, they were living together by some families or kinship, and supported each other. Traditional houses were built by families and community co-production using simple local materials such as soil or plants. The human brain feels pleasantness when they contribute to the community.

In modern society, division of labor progressed, and the individualization of life became prominent. The social entity of communities become dramatically changed, we have diverse social networks within neighborhoods, schools, and companies. Housing became safer, comfortable, decent and expensive one. People usually buy homes without building it yourself.
So, our research has to begin with a firm recognition of the big gap between the primitive form and the modern aspect of housing.

The globalization of society, economy and environment has caused great changes in the community. Sudden shock event (wars, internal conflicts, disasters, industrial changes, etc.) hit the local people and life. We think about supporting the voluntary efforts of small towns and villages or local communities in the Inner city. It brought social stress and traumatic experience not only for victimes, but also whole community. Community resilience is our main research topic.

The Disadvantage communities that face the risks of access to basic human needs or health will be the main target area for our research. Slum upgrading is an essential issue, especially in waterfronts and coastal areas that are vulnerable to climate change. We will study how to support their self-help efforts, bring mutual self-help, or combine appropriate public suuport.We also pursuit to adequate shelter for all and Place to stay as a basic human right, for the people in needs, indigenous people or immigrants.

Our academic discipline is planning theory, using Participatory Action Research(PAR) approach to study how to support communities facing problems. The challenge is to design an optimal policy program and planning system and implement project management based on it, while taking into account the unique culture of the region. Case studies are conducted mainly in Asian countries. In addition to literature research, we use fieldwork, interviews, contextual analysis, and structural analysis.

Current research topics are;

1) Theory of Context Building
Community memory, legacy and heritage (SDG 11.4)

2) Capacity Building Strategies
Community engagement, mutual self-help and learning region (Goal 11.4) (SDG 4)

3) Integrated Area Development(IAD) Program Design
Place making, links between urban, peri-urban and rural areas (SDG 11.a)

4) Theory of Strategic Planning
Social innovation (SDG 9)
Community informatics, integrated policies and plans (SDG 11.b)

5) Organization for Community Development
Community enterprise, cooperatives, trans-sectoral Partnerships, collective impact (SDG 17)

6) Project Management for Community Development
Collaborative process, feedback process(SDG 11.c)

We will operate the "Social Innovation Lab." and build its international network.
MSc students and undergraduate students participate in team research and learn how to conduct research through experience.


(Japanese)
持続可能な人間居住が私たちの主な関心事です。人類は社会的な動物であり、古代では、人々はいくつかの家族や親族によって一緒に暮らし、お互いを支え合っていました。伝統的な住居は、土壌や植物などの単純な地元の材料を使用して、家族やコミュニティの共同生産によって建てられました。人間の脳は、コミュニティに貢献するときに「快」と感じます。

現代社会では、分業が進み、生活の個人化が顕著になりました。コミュニティの社会的実体は劇的に変化し、近隣、学校、企業内に多様なソーシャルネットワークがあります。住宅はより安全で、快適で、きちんとした、高価なものになりました。人々は通常、自分で家を建てずに家を買います。したがって、私たちの研究は、住まい方の原始的な形態と現代的な側面との間の大きなギャップをしっかりと認識することから始めなければなりません。

社会、経済、環境のグローバル化は、コミュニティに大きな変化をもたらします。突然の衝撃イベント(戦争、紛争、災害、産業変化など)が地元の人々や生活に打撃を与えます。私たちは小さな町や村または都市内部のローカルコミュニティの自発的な取組の支援について考えます。被害者だけでなく、コミュニティ全体にも社会的ストレスとトラウマ的経験をもたらします。コミュニティの回復力が主要な研究テーマです。

基本的な人間のニーズや健康へのアクセスのリスクに直面している条件不利コミュニティは、研究室の主な対象分野です。特に気候変動の影響を受けやすいウォーターフロントや沿岸地域では、スラム改善は不可欠な問題です。研究室では、居住者の自助努力を支援する方法、相互援助をもたらす方法、または適切な公的支援を組み合わせる方法を研究します。また、ニーズのある人々、先住民、移民を含む基本的な人権として、すべての人に適切なシェルターや居場所を供給する方法を究考します。

研究室の学問分野は、計画論であり(注・社会学ではありません)、問題に直面しているコミュニティの支援方法を参加型アクションリサーチ(PAR)のアプローチで研究することです。地域固有の文化を考慮しながら、最適な政策プログラム、計画システムをデザインし、それにもとづくプロジェクトマネジメントを実行することが課題です。主としてアジアの国々のコミュニティをケーススタディをしています。文献調査に加えて、フィールドワーク、インタビュー、文脈分析、構造分析を多用します。

現在の研究トピックは次のとおりです。

1)コンテクスト構築の理論
コミュニティの記憶、遺産を継承した計画の方法(SGD 11.4)

2) キャパシティビルディング戦略
コミュニティの関与、相互の自助努力および教育(SGD 11.4)(SGD 4)

3)統合地域開発(IAD)プログラムのデザイン
プレイスメイキング、都市部、都市周辺部、農村部間のリンク(SGD 11.a)

4)戦略的計画の理論
社会イノベーション(SGD 9)
コミュニティ計画情報、統合的な政策・計画の方法(SGD 11.b)

5)コミュニティ開発の組織
コミュニティ企業、協同組合、セクター横断パートナーシップ、コレクティブインパクト(SGD 17)

6)コミュニティ開発のプロジェクトマネジメント
共同プロセス、フィードバック(SGD 11.c)

私たちは「社会イノベーションラボ」を運営し、その国際ネットワークを構築してゆきます。
修士課程の学生、学部生は、チーム研究に加わり、どのようにリサーチをするかを経験を通じて学びます。

Previous Researchnews

2012−
衝撃的被災と長期的減退からの地域再生・コミュニティレジリエンスの研究

早稲田大学早田宰研究室

〒169-0051
東京都新宿区西早稲田1-6-1
早稲田大学14号館953室

TEL 03-5286-1907
sohda□waseda.jp
 (□→@)