トピックス – FY 2016

FY 2016
  • 研究発表

    • 一般講演

    D2のC. Lutzさんが、京都で開催された国際会議MNC2016において、「p-type polymer-based atomic switch for tug-of-war operation」と題して、口頭発表を行いました。

  • 研究発表

    • 成果報告

    長谷川剛教授が、航空会館で開催されたNEDOエネ環プロジェクト主催のシンポジウムにおいて、「超低消費電力シナプス・ニューロン模倣素子用新材料技術の開発」と題して、成果報告を行いました。

  • 研究発表

    • 成果報告

    長谷川剛教授が、九州大学で開催された新学術領域「ナノアーキテクトニクス」の領域会議において、最新の研究成果を報告しました。

  • 研究発表

    • 応用物理学会

    長谷川剛教授と11名の学生全員が、新潟市で開催された応用物理学会に参加しました。全員の発表が終わった日の夜には、共同研究を行っている3大学(早大、阪大、九工大)合同で打ち上げを行いました。

     

    blog post image
  • 学内・研究室行事

    • ドイツ出張

    長谷川剛教授と6名の大学院生が共同研究先であるドイツ・アーヘン工科大学を訪問しました。研究交流や文化交流を楽しんできました。

     

    blog post image
  • 学内・研究室行事

    • オープンキャンパス開催

    今年はオープンキャンパスの学科企画の幹事研究室となりました。皆さんの協力を得て、無事に終えることが出来ました。御苦労さまでした。

  • お知らせ

    • 研究プロジェクト採択

    NEDOの「IoT推進のための横断技術開発プロジェクト」に採択されました。脳型推論集積システムの開発を目指して、産総研、北海道大学、東京工業大学、パナソニック、早稲田大学が共同で取り組みます。研究期間は5年(予定)。代表者は産総研の秋永広幸氏です。

  • 学内・研究室行事

    • 共同研究者来訪

    フランスCNRSの共同研究者Christian Joachim博士が来訪しました。Classical, semi-classical and quantum molecule(s) logic gateと題して講演を行いました。

  • 学外行事

    • 集中講義

    長谷川剛教授が、7日と8日の2日間、大阪大学で「未来物質特論」の集中講義を行いました。

  • 成果発表

    • 招待講演

    長谷川剛教授が、大阪大学で開催されたWorkshop on Control and Functions of Two-Dimensional Materialsにおいて、Electrochemically-controlled information processing devicesと題して招待講演を行いました。

  • 学内・研究室行事

    • 新歓コンパ

    遅くなりましたが、4年生の歓迎会を開催しました。

  • 学内・研究室行事

    • 共同研究者来訪

    ドイツ・アーヘン工科大学から共同研究者のI. Valov博士と博士課程の学生M. Luebbenさんが来訪しました。セミナーを開催し、早稲田側の大学院生6名も英語で研究成果を発表しました。

  • 学内・研究室行事

    • 入学式

    新1年生の担任となった長谷川剛教授が入学式に出席しました。

     

    blog post image
  • 学内・研究室行事

    • 4年生配属

    5人の4年生が配属となり、教員と学生をあわせて12名の研究室となりました。

研究室所在地

〒169-8555 東京都新宿区大久保3-4-1
  西早稲田キャンパス 51号館 8階808号室
連絡先:e-mail: thasega■waseda.jp (■を@に換えてメール送信下さい。)